コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮瞳 しゅくどう

大辞林 第三版の解説

しゅくどう【縮瞳】

瞳孔がちぢむこと。また、そのような状態。 ⇔ 散瞳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐どう【縮瞳】

瞳孔が収縮した状態。生理的には明るい所で起こり、病的には瞳孔散大筋麻痺(まひ)などで起こる。⇔散瞳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縮瞳
しゅくどう

瞳孔が縮小した状態をいう。瞳孔は、光線が眼内に入ったとき、近くにピントをあわせるとき、睡眠中や瞼(まぶた)を閉じたときに縮瞳する。病的には瞳孔括約筋のけいれんや散大筋の麻痺(まひ)で縮瞳がおこる。前者のけいれんによる縮瞳のほうが強い。実際にはモルヒネ中毒や交感神経麻痺、ホルネル症候群(瞳孔の縮小、眼瞼(がんけん)の狭小、眼球の後退を三主徴とする症候群)、虹彩(こうさい)毛様体炎などで縮瞳する。なお、縮瞳薬は、診断や治療に用いるほか、眼圧下降作用もあるので、広く緑内障の治療にも点眼で用いられる。また、乳幼児の調節性内斜視に用いることもある。[小暮美津子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の縮瞳の言及

【瞳孔】より

…発生学的には,眼球腔中に円盤状の薄い膜として存在する虹彩のほぼ中央に,眼球内へ光を入れるために丸い孔があいたものである。明るいところでは,瞳孔を小さくし(これを縮瞳miosisという),眼球内に入ってくる光の量を少なくする。暗いところでは,逆に瞳孔を大きくし(これを散瞳mydriasisという),眼球内に入ってくる光の量を多くする。…

※「縮瞳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縮瞳の関連キーワードアセチルコリンエステラーゼ阻害剤有機リン中毒/カーバメイト中毒アセチルコリンエステラーゼマークス‐ガン瞳孔現象緑内障(青そこひ)フィゾスチグミン副交感神経興奮薬パラチオン中毒ホマトロピンメタミドホスピロカルピン延髄症候群ムスカリン瞳孔縮小配合禁忌ヘロイン眼軟膏剤麻薬中毒目(め)農薬中毒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android