矛盾感覚(読み)むじゅんかんかく(英語表記)paradoxical sensation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矛盾感覚
むじゅんかんかく
paradoxical sensation

温度感覚に関して,刺激温度と矛盾すると思われるような冷・温覚現象を一括して矛盾感覚という。通常の状態で露出されている皮膚面においては,冷・温感の起らない温度,すなわち無関温度は 33℃前後であるとされ,これよりも高い温度の刺激は通常温感を,それ以下の温度のものは冷感を生じる。この無関温度よりも高い 40~45℃ぐらいの温刺激でも,冷覚の感覚点である冷点を刺激すると,冷覚が起る。これを矛盾冷覚という。他方,無関温度よりもずっと低い温度で温点を刺激するときに温覚が生じる現象を矛盾温覚というが,これは一般には起りにくいとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android