冷点(読み)レイテン

世界大百科事典 第2版の解説

れいてん【冷点 cold spot】

皮膚や粘膜にある感覚点の一つ。冷たさの感覚(冷覚)だけを感ずる点状の小区域で,全身の皮膚のほか,口腔,咽頭,鼻腔,結膜,肛門,尿道口などの粘膜にも分布する。細い金属棒を冷やしてから皮膚や粘膜に当てて検出する。その総数は25万で,温かさの感覚を生ずる温点よりもはるかに多い。温点のない角膜や陰茎亀頭にも冷点はある。しかし,身体内部,たとえば胃などの粘膜には冷点がない。冷点は40℃以上の高温によって刺激されても冷感をおこす(矛盾冷感)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいてん【冷点】

感覚点の一。皮膚と粘膜の一部に点在し、皮膚より低い温度刺激を感ずる。温点より多くあり、部位によって密度は異なる。寒点。 ⇔ 温点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐てん【冷点】

〘名〙 冷刺激によって冷覚を起こす皮膚上の感覚点。皮膚またはその近くの粘膜に分布する。⇔温点。〔人体の機能(1952)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android