冷点(読み)レイテン

世界大百科事典 第2版の解説

れいてん【冷点 cold spot】

皮膚や粘膜にある感覚点の一つ。冷たさの感覚(冷覚)だけを感ずる点状の小区域で,全身の皮膚のほか,口腔,咽頭,鼻腔,結膜,肛門,尿道口などの粘膜にも分布する。細い金属棒を冷やしてから皮膚や粘膜に当てて検出する。その総数は25万で,温かさの感覚を生ずる温点よりもはるかに多い。温点のない角膜や陰茎亀頭にも冷点はある。しかし,身体内部,たとえば胃などの粘膜には冷点がない。冷点は40℃以上の高温によって刺激されても冷感をおこす(矛盾冷感)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいてん【冷点】

感覚点の一。皮膚と粘膜の一部に点在し、皮膚より低い温度刺激を感ずる。温点より多くあり、部位によって密度は異なる。寒点。 ⇔ 温点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷点の関連情報