矢並(読み)ヤナミ

デジタル大辞泉の解説

や‐なみ【矢並】

箙(えびら)に差した矢の列。また、その並びぐあい。
「武士(もののふ)の―つくろふ籠手(こて)の上に霰たばしる那須の篠原」〈金槐集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐なみ【矢並】

〘名〙 (えびら)、胡簶(やなぐい)などに差した矢の並び。多く「やなみつくろう」の形で、矢を揃え整えるの意に用いられる。
※貞享版金槐集(1213)冬「もののふのやなみつくろふ籠手の上に霰たばしる那須の篠原」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android