矢島 せい子(読み)ヤジマ セイコ

  • 矢島 せい子 (やじま せいこ)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の障害者運動家 国民の足を守る中央会議会長;日本子どもを守る会副会長;元・障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会会長。



生年
明治36(1903)年4月6日

没年
昭和63(1988)年1月24日

出生地
東京・浅草

旧姓(旧名)
加藤

学歴〔年〕
日本女子大学師範家政学部〔大正10年〕中退

主な受賞名〔年〕
ヘレンケラー賞〔昭和52年〕

経歴
独学で栃木県下の小学校代用教員となり、検定試験に合格して正教員となる。大正15年矢島祐利と結婚し専業主婦に。昭和16年夫と共に京城へ、20年敗戦で引揚げる。27年50歳を期して柳田國男に師事することを決意、女性民俗研究会に加入、“ゆびぬき”の調査などを行う。さらに28年以後、障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会会長の仕事に没頭。また日本子どもを守る会の副会長も兼ね、児童憲章の理想実現をライフワークとした。著書に「家事と雑用」、自伝「わたしの思い出」がある。没後、障害者運動への貢献を記念した“矢島せい子賞”が設けられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1903年4月6日
昭和時代の社会福祉運動家
1988年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android