矢束(読み)ヤタバ

  • やたばね
  • やつか
  • 矢▽束

デジタル大辞泉の解説

矢の長さ。やつか。
をたばねたもの。
《「やづか」とも》矢の長さ。矢は(つか)を単位にして、その長さをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 矢の長さ。束(そく)
② 矢を束ねたもの。
〘名〙 箙(えびら)に入れた矢がばらばらにならないように束ねてくくるための緒(お)。矢縛り。
※源平盛衰記(14C前)二二「矢(ヤ)たばね解、弓の絃(つる)しめして用心せり」
〘名〙 (「やづか」とも。「つか」は握った時の、人差指から小指までの長さ) 矢の長さ。矢は「束」を基本としてその長さを計るところからいう。
※今昔(1120頃か)二五「弓を箭つかの有る限り引き絡(しばり)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android