矢野貴章(読み)やの きしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野貴章 やの-きしょう

1984- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和59年4月5日生まれ。ポジションFW。中学時代はジュビロ浜北サッカースクールに所属。平成15年柏レイソルに入団。17年U-21代表にえらばれる。18年アルビレックス新潟へ移籍。19年キリンチャレンジカップのペルー戦で国際Aマッチ初出場。185cmの長身。運動量豊富で前線での守備にも定評がある。22年FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表にえらばれ,第1戦のカメルーン戦に途中出場した。同年ドイツのフライブルクに移籍。25年名古屋グランパスに移籍。静岡県出身。浜名高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢野貴章
やのきしょう
(1984― )

プロサッカー選手。フォワード(FW)。4月5日、静岡県生まれ。浜名高―柏レイソル―アルビレックス新潟―SCフライブルク(ドイツ)―アルビレックス新潟―名古屋グランパスエイト(名古屋グランパス)。Jリーグ初出場は柏時代の2003年(平成15)3月22日、FC東京戦。国際Aマッチ初出場は2007年3月24日、ペルー戦。2010年ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢野貴章の関連情報