守備(読み)シュビ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐び【守備】

[名](スル)
敵の攻撃に対して味方を守るべく備えること。「要塞(ようさい)を守備する」「守備隊」
競技などで、自分の領域を守り、相手に得点を与えないようにすること。「九回裏の守備につく」⇔攻撃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅび【守備】

( 名 ) スル
敵の攻撃に備えて守ること。守り。 ⇔ 攻撃 「 -を固める」 「 -位置」 「 -隊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守備の関連情報