守備(読み)しゅび

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐び【守備】

〘名〙
① 自軍をまもり、敵の攻めにそなえること。そなえ。まもり。⇔攻撃
※日本外史(1827)一〇「氏規不已、撤守備、約封土事
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉一〇「これ丈では守備(シュビ)が不足なので幕府は外様の大名に」 〔春秋左伝‐成公元年〕
② 試合、競技などで相手の攻めにそなえ、まもること。⇔攻撃
※最近野球術(1905)〈橋戸信〉バッティング「守備の点に於ては、堪能の士頗る多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐び【守備】

[名](スル)
敵の攻撃に対して味方を守るべく備えること。「要塞(ようさい)を守備する」「守備隊」
競技などで、自分の領域を守り、相手に得点を与えないようにすること。「九回裏の守備につく」⇔攻撃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例