矢集虫麻呂(読み)やずめの むしまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢集虫麻呂 やずめの-むしまろ

?-? 奈良時代の官吏,法制学者。
養老5年(721)明法道(みょうぼうどう)の学業を賞されて恩賞をうけた。「養老律令」の編成に参与したにより6年田をさずかる。天平(てんぴょう)4年大判事,大学頭(かみ)。「懐風藻(かいふうそう)」に漢詩2首がおさめられている。「やつめ」ともよみ,箭集虫万呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる