学業(読み)がくぎょう

精選版 日本国語大辞典「学業」の解説

がく‐ぎょう ‥ゲフ【学業】

〘名〙 学問を修めること。また、学校の勉強課業。学問。
※続日本紀‐養老四年(720)八月癸未「唯成学業者一十五人、冝公験、自余停之」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六「其学業の進歩速かなるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「学業」の解説

【学業】がくぎよう(げふ)

学問。〔陳書、張正見伝〕(もと)より學業を(たつと)ぶ。(つね)に自ら座に昇りて經をく。正見嘗(かつ)てに預かり、疑義決す。吐和順なり。四座咸(ことごと)く屬目(しよくもく)す。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android