恩賞(読み)オンショウ

デジタル大辞泉の解説

おん‐しょう〔‐シヤウ〕【恩賞】

功績のあった者に対し、褒美(ほうび)として主君が金品・地位・領地などを与えること。また、そのもの。「恩賞にあずかる」
恩返し。
「かく厄介になれる―に」〈浮・永代蔵・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんしょう【恩賞】

功績や奉仕をほめて、主君が家臣に与える褒美ほうび。また、その褒美の金品・土地など。
恩を返すこと。恩返し。 「かく厄介になれる-に、せめてはと思ひ/浮世草子・永代蔵 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恩賞の関連情報