恩賞(読み)おんしょう

精選版 日本国語大辞典「恩賞」の解説

おん‐しょう ‥シャウ【恩賞】

〘名〙
① 功労を賞して、主君が家臣に官位、所領、物品、税の徴収権などを与えること。また、そのもの。
※続日本紀‐神護景雲二年(768)九月辛巳「長谷部文選授少初位上。賜正税五百束。又父子之際。因心天性。恩賞所被事須同沐」 〔後漢書‐彭寵伝〕
② 恩恵。神の恵み。また一般に、世話を受けた恩。
※天草本伊曾保(1593)鳩と蟻の事「カノ アリ タダイマノ vonxǒuo(ヲンシャウヲ) ホウジョウズルト ヲモウタカ」
③ 世話になった恩を返すこと。恩返し。報恩。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一四「この御おんしゃうの御ために、これまで、御れいにまいりて、御ざあるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恩賞」の解説

おん‐しょう〔‐シヤウ〕【恩賞】

功績のあった者に対し、褒美(ほうび)として主君が金品・地位・領地などを与えること。また、そのもの。「恩賞にあずかる」
恩返し。
「かく厄介になれる―に」〈浮・永代蔵・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android