コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩賞 オンショウ

デジタル大辞泉の解説

おん‐しょう〔‐シヤウ〕【恩賞】

功績のあった者に対し、褒美(ほうび)として主君が金品・地位・領地などを与えること。また、そのもの。「恩賞にあずかる」
恩返し。
「かく厄介になれる―に」〈浮・永代蔵・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんしょう【恩賞】

功績や奉仕をほめて、主君が家臣に与える褒美ほうび。また、その褒美の金品・土地など。
恩を返すこと。恩返し。 「かく厄介になれる-に、せめてはと思ひ/浮世草子・永代蔵 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恩賞の関連キーワード岡本大八事件建武年間記藤原藤房四条隆資浮世草子毛呂季綱ぬっくり相良景宗伊具四郎藤原忠文神谷長直五藤為浄斎藤基恒菊池武澄吉田定房伊達景宗竹崎季長恩沢奉行河野通有恩賞奉行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恩賞の関連情報