短時間就労(読み)たんじかんしゅうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短時間就労
たんじかんしゅうろう

週の所定内労働時間が 35時間以内の就労をいう。ただし所定外労働を行なうことにより週 35時間を超える場合もある。厚生労働省の統計では,この短時間就労者をパートタイム労働者と呼ぶ。一般的に短時間就労者という場合,正規の就業時間よりも短い就労者をいう。この短時間就労は,女性や高齢者の就労意欲の増大に伴い,個人的な生活時間の必要と就労の機会をできるかぎり調和させようとする制度である。ワーク・シェアリングも一種の短時間就労といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android