石井 一斎(読み)イシイ イッサイ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
能楽囃子方

肩書
大鼓石井流11世

別名
幼名=石井 仁蔵,石井 孫兵衛景行

生年月日
文政10年

出生地
京都

経歴
石井仁兵衛の子。京都住みの加賀藩お抱えの役者で九条家の家臣。金剛流の立方に習熟し、小鼓をよくし四拍子に精通していた。明治初年野村三次郎没後の金剛謹之助を補導。11年頃上京して東京芸能界で活躍。道具の目利きで才幹にたけ社交家でもあった。嫡子庄十郎が26年に没し、家元は一時金剛謹之助が預かっていたが、のち弟子の谷口喜三郎が宗家代理となった。

没年月日
明治32年 1月21日 (1899年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android