コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補導/輔導 ホドウ

3件 の用語解説(補導/輔導の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほ‐どう〔‐ダウ〕【補導/×輔導】

[名](スル)正しい方向へ教え導くこと。特に、非行を防ぐために青少年を正しい方向に助け導くこと。「非行少年を―する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

補導

不良行為をした20歳未満の未成年者を対象に警察が行う措置。警察庁通達で、飲酒、家出、無断外泊など17種類を不良行為として定めている。名前や友だち関係を記録した「補導票」を作成し、保護者や学校に連絡する。補導票は子どもの自宅がある警察署が保管し、都道府県警ごとにデータベース化。20歳になった時点で廃棄される。2012年の補導人員は延べ約91万人。

(2013-10-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほどう【補導】

広義には,青少年問題に関与する諸機関が,なんらかの問題をもつ青少年などに対して,一般教育(家庭教育学校教育職業教育社会教育など)を補充する形で行う教育福祉的活動をいう。しかし狭義には,政府の青少年対策の重要な一環とされる非行防止活動のうちで,少年係警察官や婦人補導員などの警察職員が民間人や民間組織(児童相談所福祉事務所教育委員会など)の協力を得て行う,非行など問題のある青少年に対する指導・助言・相談などの活動を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone