石井 林響(読み)イシイ リンキョウ

20世紀日本人名事典の解説

石井 林響
イシイ リンキョウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治17(1884)年

没年
昭和5(1930)年2月25日

出身地
千葉県山武郡本郷町

本名
石井 毅三郎

別名
初号=天風

経歴
明治35年橋本雅邦に入門。日本絵画協会展、二葉会、紅児会文展帝展に出品。大正8年如水会創立に参画。11年「林の中」が帝展推薦となる。野趣に富む磊落な気性で、画壇と相容れぬところもあって晩年は郷里にこもって過ごした。代表作に「野趣二題」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石井 林響の関連情報