磊落(読み)らいらく

精選版 日本国語大辞典「磊落」の解説

らい‐らく【磊落・落】

〘形動ナリ・タリ〙
① 山などのけわしく高いさま。
佳人之奇遇(1885‐97)〈東海散士〉五「落崎嶇車馬をして通す可からざらしむ」 〔郭璞‐江賦〕
② 心が広く、性質がさっぱりしているさま。快活で、細かなことにこだわらないさま。
※宝覚真空禅師録(1346)・立地・常楽寺忍公禅閤年忌香「禀山川之秀気、生落之天資
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「学長であるミス・ケートの磊落な気象」 〔文心雕龍‐時序〕
果実や石などが多くあるさま。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉二「火山岩磊落、潮水に浸して半ば露れ、カラスバト鳥其上に停まる」 〔潘岳‐閑居賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「磊落」の解説

らい‐らく【×磊落】

[名・形動]度量が広く、小事にこだわらないこと。また、そのさま。「磊落な性格」「豪放磊落

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android