石井 研堂(読み)イシイ ケンドウ

20世紀日本人名事典の解説

石井 研堂
イシイ ケンドウ

明治・大正期の編集者,明治文化研究家



生年
慶応1年6月23日(1865年)

没年
昭和18(1943)年12月6日

出生地
陸奥国郡山(福島県郡山市)

本名
石井 民司(イシイ タミジ)

学歴〔年〕
郡山小卒

経歴
明治18年上京し、岡千仭塾に入る。病気で一時は帰郷するが、21年再度上京して「貴女之友」の編集を手伝い、22年「小国民」(のち「少国民」)の中心編集者となり、さらに「今世少年」「実業少年」などにも関係し、児童文学発展に力を尽くした。この間、22〜24年東京府有馬尋常小学校訓導。一方、明治文化研究に力をそそぎ、41年「明治事物起原」を刊行した。少年読物も多く「中浜万次郎」「鯨幾太郎」「日本漂流譚」などの他、「自助的人物典型 中村正直伝」や少年向き科学書など、著書、編著は数多い。また明治文化研究会の発展に力を尽くし、「明治文化全集」の編纂にも当たり、錦絵の蒐集・研究もした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石井 研堂 (いしい けんどう)

生年月日:1865年6月23日
明治時代;大正時代の明治文化研究家;ジャーナリスト
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android