コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井伊左衛門 いしい いざえもん

1件 の用語解説(石井伊左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井伊左衛門 いしい-いざえもん

?-? 江戸時代前期の農民。
下野(しもつけ)(栃木県)都賀郡(つがぐん)下稲葉村の人。家は代々村総代。元禄(げんろく)8年(1695)壬生(みぶ)藩主加藤明英による「七色の掛物」といわれる年貢増徴に反対し,11ヵ村の総代となり,幕府への越訴(おっそ)をくわだて捕らえられる。新課税は免除されたが,死罪となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石井伊左衛門の関連キーワードハツ内田正衆賀兵衛韓嶺良雄佐藤仁左衛門下村堤亭竹岸武兵衛長董橋本湛月米倉昌照

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone