コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原光春 いしはら みつはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原光春 いしはら-みつはる

1900-1974 昭和時代後期の林業家。
明治33年11月10日生まれ。大阪で木材業をいとなんだのち,第二次大戦後岐阜県郡上(ぐじょう)郡で造林をはじめる。佐藤弥太郎の指導をうけ,杉の枝を山の地面に直接さしこむ「杉の直ざし」法を成功させた。昭和49年1月25日死去。73歳。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石原光春の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門神代辰巳[各個指定]芸能部門藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司内閣総理大臣桑原甲子雄日活(株)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android