コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木材業 もくざいぎょう

2件 の用語解説(木材業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木材業
もくざいぎょう

木材の生産,流通にたずさわる業種で,素材生産製材,木材商がある。素材生産は立木の伐採から,素材 (用材) の生産を行う。製材は,素材を購入し,使用目的に応じた製品 (1次加工~3次加工) になるまでに仕上げる (2次製品) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もくざいぎょう【木材業】

木材流通を扱う業種をいうが,明確な範囲はない。木材流通関連事業所数は全国で3万2433あり,うち製材工場1万5752,合板工場473,木材市売(いちうり)市場574,木材センター50,木材販売業者1万5584となっている(農林水産省〈木材流通構造調査〉1991年による)が,普通に木材業といわれるのは後の3業種である。製材工場は工業に属するが,販売業務を併営することが多いため木材業に含める場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木材業の関連キーワード流通戦略木材市場メーカー茅渟流通手段日刊木材新聞日本流通新聞バッタ屋重量物を取り扱う業務木材流通経路

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木材業の関連情報