コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石国 せきこくShi-guo; Shih-kuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石国
せきこく
Shi-guo; Shih-kuo

7~8世紀に中央アジアにあった小国の中国名。イスラム史料でシャーシュ,チャーチュと呼ばれている。現在ウズベキスタンの首都タシケントにあたり,商工業が栄えていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せきこく【石国】

南北朝から隋唐にかけて中央アジアに存在した一小国の中国名。現在のタシケント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石国の関連キーワードチュルギシュ(突騎施)タラス川の戦い九度山(町)2・28事件みやま(市)かつらぎ町石坂比売命岩国[市]岩国(市)田中緑紅明石染人霧島神宮宋 美齢瓊瓊杵尊本巣市南北朝高仙芝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石国の関連情報