石姫皇女(読み)いしひめのおうじょ

朝日日本歴史人物事典の解説

石姫皇女

生年:生没年不詳
6世紀中ごろ,欽明天皇の皇后。宣化天皇と橘仲皇女の皇女。正妃(即位前の王妃)であったが,天皇即位とともに立后。箭田珠勝大兄皇子,敏達天皇,笠縫皇女の2男1女を生み,敏達天皇の即位により皇太后の尊号を受けた。

(小林茂文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる