コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石姫皇女 いしひめのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石姫皇女 いしひめのおうじょ

?-? 6世紀,欽明(きんめい)天皇の皇后。
宣化天皇の皇女。母は橘(たちばなの)皇女。箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおおえの)皇子,敏達(びだつ)天皇,笠縫(かさぬいの)皇女を生む。敏達天皇元年(572)皇太后となる。石比売命ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石姫皇女

生年:生没年不詳
6世紀中ごろ,欽明天皇の皇后。宣化天皇と橘仲皇女の皇女。正妃(即位前の王妃)であったが,天皇即位とともに立后。箭田珠勝大兄皇子,敏達天皇,笠縫皇女の2男1女を生み,敏達天皇の即位により皇太后の尊号を受けた。

(小林茂文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

石姫皇女の関連キーワード小石姫皇女

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android