コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣化天皇 せんかてんのう

6件 の用語解説(宣化天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣化天皇
せんかてんのう

第 28代に数えられる天皇。名はタケオヒロクニオシタテノミコト。継体天皇の第3皇子。母は尾張連草香の娘,目子媛 (めのこひめ) 。大和檜隈廬入野宮に都し,仁賢天皇の娘橘仲皇女を皇后とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんか‐てんのう〔センクワテンワウ〕【宣化天皇】

記紀で、第28代天皇。継体天皇の第2皇子。名は武小広国押盾(たけおひろくにおしたて)。新羅(しらぎ)任那(みまな)侵入に際し、大伴狭手彦(おおとものさでひこ)を遣わして、任那・百済(くだら)を救援したという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宣化天皇 せんかてんのう

467-539 記・紀系譜による第28代天皇。在位536*-539。
継体天皇の第2皇子。母は目子媛(めのこひめ)。「日本書紀」によると,安閑天皇の同母弟で欽明天皇の異母兄。都は檜隈(ひのくま)の廬入野(いおりのの)宮。蘇我稲目(そがの-いなめ)を大臣とした。宣化天皇4年2月10日死去。73歳。墓所は身狭桃花鳥坂上陵(むさのつきさかのえのみささぎ)(奈良県橿原市)。別名は武小広国押盾天皇(たけおひろくにおしたてのすめらみこと),檜隈高田(ひのくまのたかだの)皇子。
【格言など】食(くらひもの)は天下(あめのした)の本(もと)なり。黄金万(よろづ)貫(はかり)ありとも,飢(いひうゑ)を療(いや)すべからず。白玉千箱ありとも,何ぞ能く冷(こい)を救はむ(「日本書紀」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宣化天皇

没年:宣化4(539)
生年:雄略11(467)
6世紀前半の天皇。継体天皇と目子媛の子で,安閑天皇の同母弟。即位前は檜前高田皇子と呼ばれた。諡号は武小広国押盾天皇。安閑死後の536年に即位し,治世4年ののち,73歳で死んだ。『上宮聖徳法王帝説』『元興寺伽藍縁起流記資財帳』は仏教公伝年を欽明7年戊午としているが,戊午年は宣化3(538)年に当たる。この食い違いと,継体死去に関する『日本書紀』不自然な記述から,継体の死んだ辛亥年(531)に安閑・宣化と欽明が対立し内乱に至った(辛亥の変),あるいは2朝並立という異常事態を迎えたという説がある。<参考文献>林屋辰三郎『古代国家の解体』

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんかてんのう【宣化天皇】

記紀で第二八代天皇、武小広国押盾尊たけおひろくにおしたてのみことの漢風諡号しごう。継体天皇の皇子。新羅しらぎ軍の任那みまな侵入の際、大伴狭手彦を派遣、撃退したという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣化天皇
せんかてんのう

生没年不詳。記紀によれば第28代の天皇。6世紀前半に在位。武小広国押盾(たけおひろくにおしたて)天皇ともいう。継体(けいたい)天皇の第2子。母は目子媛(めのこひめ)。兄安閑(あんかん)天皇の後を受けて即位、大和(やまと)の檜隈廬入野宮(ひのくまのいおいりのみや)(奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村)に都し、橘仲皇女(たちばなのなかつひめみこ)を皇后とする。大伴金村(おおとものかなむら)、物部鹿火(もののべのあらかい)を大連(おおむらじ)、蘇我稲目(そがのいなめ)を大臣(おおおみ)とし、諸国の屯倉(みやけ)の稲を運ばせて、那津(なのつ)(福岡市博多(はかた))に官家(みやけ)を建て、任那(みまな)・百済(くだら)救援のために大伴狭手彦(さてひこ/さでひこ)を遣わしたと伝えられる。次代の欽明(きんめい)天皇との並立も考えられ、朝廷内部の動揺期にあたる。治世4年で没し、大和の身狭桃花鳥坂上(むさのつきさかのうえ)陵(奈良県橿原(かしはら)市鳥屋(とや))に葬る。『日本書紀』には、皇后とその幼児も合葬したとある。[志田諄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宣化天皇の言及

【継体・欽明朝の内乱】より

…6世紀前半の継体朝末年に皇位継承をめぐって勃発したと想定されている内乱。《日本書紀》では継体天皇の死をその25年辛亥(531)のこととし,安閑天皇1年(534)までの2年間は空位とされる。一方,仏教公伝を《日本書紀》が壬申年(552)とするのに対し戊午年(538)として伝える《上宮聖徳法王帝説》や《元興寺縁起》によれば,欽明天皇の即位は辛亥年となって先の継体没年とつながり,その間に安閑・宣化2天皇の治世をいれる余地がない。…

※「宣化天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宣化天皇の関連キーワード安寧天皇懿徳天皇開化天皇顕宗天皇孝安天皇孝元天皇孝昭天皇孝霊天皇成務天皇履中天皇

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宣化天皇の関連情報