コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川佳純 いしかわかすみ

2件 の用語解説(石川佳純の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

石川佳純

卓球選手。1993年2月23日山口県山口市出身。全農(2011年7月より)所属。
母の久美さん、父の公久さんとも、卓球選手という環境で育ち、母がコーチを務める山口ジュニアクラブで、小学校1年生から卓球を始めた。山口市立平川小学校6年生で初参戦した全日本選手権で3回戦に進出して注目される。
2005年4月、親元を離れて大阪府羽曳野市四天王寺羽曳丘中学校に入学し、ミキハウスJSC卓球部に加入。大阪府八尾市にある寮での生活を開始。
06年、全国中学校卓球大会個人の部、団体の部ともに優勝し、全日本卓球選手権大会カデットの部14歳以下シングルスでも優勝を果たす。
07年、全日本卓球選手権大会で史上最年少でのベスト4入り。世界卓球選手権大会(クロアチアザグレブ)に14歳で日本女子代表(ダブルス)として出場した。
08年四天王寺高等学校に入学。
09年4月、横浜で行われた世界卓球選手権大会、女子シングルス2回戦では、世界ランキング10位の帖雅娜(香港)を破る金星を挙げるなどの活躍でベスト8入り。
10年には、世界ジュニア選手権の団体で優勝。また、ITTFプロツアーモロッコオープン女子シングルスで初優勝。
11年には全日本選手権女子シングルス優勝、世界選手権女子シングルスベスト16、ITTFプロツアーチリオープン女子シングルス優勝など、世界のトップクラスで活躍。
12年7月時点の世界ランキングは6位。12年8月ロンドンオリンピックに初出場し、第4シードとなった女子シングルスでは、準々決勝でワン・ユエグ(シンガポール)を4-1で破り4強入りを果たした。しかし、準決勝で李暁霞(中国)に敗れ、また、3位決定戦でも、フェン・ティアンウェイ(シンガポール)に0‐4のストレートで敗れ、メダルには届かなかった。
その後に行われた女子団体では、福原愛、平野早矢香と組み、準決勝では、ここ4年間勝ったことがないシンガポールに3-0で快勝し、決勝進出。決勝では中国にストレート負けしたものの、銀メダルを獲得した。卓球競技での日本のメダル獲得は、卓球が1988年のソウル大会で正式競技になって以来、男女を通じて初の快挙。
身長158cm、体重51kg(JOCのHPによる)。左利きシェイクハンド。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川佳純 いしかわ-かすみ

1993- 平成時代の女子卓球選手。
平成5年2月23日生まれ。両親は共に元卓球選手。小学1年で卓球をはじめる。戦型は左シェイクハンド攻撃型。17年小学6年のとき全日本選手権女子シングルスで3回戦にすすみ話題となる。翌年同選手権で5回戦にすすみ初の日本代表候補となる。20-21年インターハイ,国体,全日本選手権ジュニア女子,選抜と国内4大会を高校1年生にして完全制覇。21年全日本選手権女子ダブルス初優勝(平野早矢香とのペア)。22年世界選手権では4勝をあげて日本の団体銅メダル獲得に貢献する。同年全日本選手権ジュニア女子で史上初の4連覇,全日本選手権混合ダブルス優勝(松平健太とのペア)。23年全日本選手権女子シングルスで福原愛,藤井寛子を破り初優勝。24年ロンドン五輪の団体(福原愛・石川佳純平野早矢香)で銀メダルを獲得,シングルスは4位入賞。27年全日本選手権の女子シングルス,女子ダブルス,混合ダブルスを優勝して3冠を達成。全農所属。山口県出身。四天王寺高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川佳純の関連キーワード田総百山小郡山口県山口県立大学山口東京理科大学あいお井筒屋 山口店きらら あじす日本卓球協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川佳純の関連情報