コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤史 さいとうふみ

5件 の用語解説(斎藤史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤史
さいとうふみ

[生]1909.2.14. 東京,東京
[没]2002.4.26. 長野,長野
歌人。陸軍将官で佐佐木信綱門下の歌人だった父,瀏の影響で 10代から作歌を始め,『心の花』に作品を発表。昭和初期のモダニズム・口語歌隆盛の波にのって前川佐美雄らとともに注目された。1936年,二・二六事件で瀏が反乱幇助罪で禁固刑をくだされ,処刑された兵の中に幼友だちがいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ふみ【斎藤史】

[1909~2002]歌人。東京の生まれ。二・二六事件に連座した瀏(りゅう)の長女。独自の歌風を築き、女流歌人初の芸術院会員。歌集に「魚歌」「ひたくれなゐ」「渉りかゆかむ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤史 さいとう-ふみ

1909-2002 昭和-平成時代の歌人。
明治42年2月14日生まれ。斎藤瀏(りゅう)の長女。モダニズムを出発点に独自の歌風をきずき,昭和15年第1歌集「魚歌」を刊行。37年「原型」を創刊,主宰。52年「ひたくれなゐ」で迢空(ちょうくう)賞。61年「渉(わた)りかゆかむ」で読売文学賞。平成6年「秋天瑠璃(るり)」で詩歌文学館賞。9年「斎藤史全歌集」ほかで現代短歌大賞。女性歌人で初の芸術院会員。平成14年4月26日死去。93歳。東京出身。小倉高女卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

さいとうふみ【斎藤史】

1909~2002) 歌人。東京生まれ。父瀏が二・二六事件に連座、その後の詠歌の核となる。時代への厳しい眼差しを秘め、象徴詩風の作風で生と死を凝視した。作品「魚歌」「ひたくれなゐ」「渉りかゆかむ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤史
さいとうふみ
(1909―2002)

歌人。東京生まれ。陸軍将校で歌人の瀏(りゅう)(1879―1953)の長女。父の任地の北海道・旭川、三重県・津、熊本などを転々とする。小倉高女卒業。瀏が二・二六事件に連座し、深刻な影響を受ける。第二次世界大戦後は疎開先の長野県に居住。大正末から作歌を始め、歌誌『心の花』『短歌作品』『短歌人』などに発表。1940年(昭和15)、五島美代子、坪野哲久、前川佐美雄らとの合同歌集『新風十人(しんぷうじゅうにん)』に参加する。1962年(昭和37)『原型』をおこす。モダニズムの結晶ともいうべき第一歌集『魚歌』(1940)に始まり、『朱天』(1943)、『うたのゆくへ』(1953)、『密閉部落』(1959)と変転を重ね、『ひたくれなゐ』(1976。迢空(ちょうくう)賞)で、しぶとい生認識にたつ堂々たる調べを完成させた。その後の歌集に『渉(わた)りかゆかむ』(1985。読売文学賞)、『遠景』(1988)、『秋天瑠璃(しゅうてんるり)』(1993。詩歌文学館賞、斎藤茂吉短歌文学賞)、『風翩翻(かぜへんぽん)』(2000)などがある。また、1948年に信濃毎日新聞に連載した小説『過ぎて行く歌』が半世紀を経て単行本となった(2001)。エッセイ集などに『遠景近景』(1980)、『ひたくれなゐの人生』(1995)、『ひたくれなゐに生きて』(1998)がある。1977年には『斎藤史全歌集 昭和3~51年』が刊行され、97年(平成9)刊の『斎藤史全歌集 1928~1993』増補版で、現代短歌大賞、紫式部文学賞を受賞した。1993年女性歌人として初めて芸術院会員に選ばれ、97年には、「歌会始の義」で天皇に招かれて歌を詠む召人(めしうど)を務めた。[菱川善夫]
 死の側より照明(てら)せばことにかがやきてひたくれなゐの生ならずやも
『『うたのゆくへ』(1953・長谷川書房) ▽『密閉部落』(1959・四季書房) ▽『風に燃す』(1967・白玉書房) ▽『ひたくれなゐ』(1976・不識書院) ▽『斎藤史全歌集 昭和3~51年』『斎藤史全歌集 1928~1993』増補版(1977、97・大和書房) ▽『風のやから』(1980・沖積舎) ▽『遠景近景』(1980・大和書房) ▽『家族――短歌読本』(1981・有斐閣) ▽『渉りかゆかむ』(1985・不識書院) ▽『遠景』(1988・短歌新聞社) ▽『秋天瑠璃』(1993・不識書院) ▽『ひたくれなゐの人生』(1995・三輪書店) ▽『ひたくれなゐに生きて』(1998・河出書房新社) ▽『風翩翻』(2000・不識書院) ▽『過ぎて行く歌』(2001・河出書房新社) ▽『斎藤史歌文集』(講談社文芸文庫) ▽ジェイムズ・カーカップ、玉城周選歌・英訳『斎藤史歌集 記憶の茂み(和英対訳)』(2002・三輪書店) ▽磯田光一著『斎藤史論』(『現代短歌大系4』所収・1973・三一書房) ▽岩田正著『新版 現代の歌人』(1989・牧羊社) ▽寺山修司著『寺山修司全歌論集』新装版(1993・沖積舎) ▽道浦母都子著『乳房のうたの系譜』(1995・筑摩書房) ▽桜井琢巳著『夕暮から曙へ――現代短歌論』(1996・本阿弥書店) ▽大原富枝著『詩歌(うた)と出会う時』(1997・角川書店) ▽河野裕子著『鑑賞・現代短歌3 斎藤史』(1997・本阿弥書店) ▽松井覚進編『人物十一景』(1999・青木書店) ▽森まゆみ著『恋は決断力――明治生れの13人の女たち』(1999・講談社) ▽佐佐木幸綱著『佐佐木幸綱の世界11 同時代歌人論2』(1999・河出書房新社) ▽岩田正著『現代短歌をよみとく――主題がときあかすうたびとの抒情』(2002・本阿弥書店) ▽「追悼・斎藤史」(『短歌朝日』2002年7・8月創刊5周年記念号所収・朝日新聞社) ▽「斎藤史追悼特集」(『短歌研究』2002年7月号所収・短歌研究社) ▽寺山修司著『寺山修司コレクション5 黄金時代』(河出文庫) ▽道浦母都子著『女歌の百年』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤史の関連キーワード池田純義倉地与年子鈴鹿俊子住友友成竹内邦雄只野幸雄友松賢中野照子山田富士郎小島なお

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤史の関連情報