コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川寅治 いしかわ とらじ

美術人名辞典の解説

石川寅治

洋画家。高知県生。小山正太郎の不同舎に学び、太平洋画会を起こす。のちに示現会を創立。初期は婦人像を描いたがのちに風景画へ移行し、印象派風の明るい画風を示した。美術教育にも功績がある。日展参事。帝展・新文展審査員。日本芸術院賞恩賜賞受賞。昭和39年(1964)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川寅治 いしかわ-とらじ

1875-1964 明治-昭和時代の洋画家。
明治8年4月5日生まれ。24年上京し小山正太郎の不同舎にまなび,34年太平洋画会を結成する。欧米に留学後,帝展,新文展に出品し審査員をつとめる。大正7年以降,東京高師でおしえ,戦後は日展審査員。昭和28年芸術院恩賜賞。昭和39年8月1日死去。89歳。高知県出身。代表作に「港の午後」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川寅治の関連キーワード奥瀬 英三小村 平八昭和時代明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川寅治の関連情報