コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋画会 たいへいようがかい

5件 の用語解説(太平洋画会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平洋画会
たいへいようがかい

美術団体。明治美術会の旧会員の中堅作家,および新帰朝者を中心として結成された。 1902年第1回展を開き,中村不折満谷国四郎新海竹太郎らが中心となって絵画,彫刻の指導を行い,多くの美術家を養成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいへいよう‐がかい〔タイヘイヤウグワクワイ〕【太平洋画会】

美術団体。明治34年(1901)明治美術会解散後、同会会員であった満谷国四郎(みつたにくにしろう)らが結成。白馬会とともに明治洋画壇の中心勢力になった。昭和32年(1957)太平洋美術会と改称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

太平洋画会【たいへいようがかい】

明治美術会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいへいようがかい【太平洋画会】

美術団体。明治美術会の系統を引き、その門下の満谷国四郎・石川寅治・大下藤次郎らが1901年(明治34)結成した。白馬会とともに明治後期の洋画壇の中心勢力をなした。57年(昭和32)太平洋美術会と改称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋画会
たいへいようがかい

洋画を中心とする美術団体。1901年(明治34)明治美術会解散後、同会の中堅作家であった吉田博(ひろし)、満谷(みつたに)国四郎、中川八郎、石川寅治(とらじ)、大下藤次郎(とうじろう)らによって結成され、翌年第1回展を開催。その後パリ留学より戻った中村不折(ふせつ)・鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)やベルリンから帰国した彫刻の新海竹太郎(しんかいたけたろう)らが参加、白馬(はくば)会と拮抗(きっこう)して明治後期の洋画壇に重きをなした。当初会の傾向は、形体を重視する古典的画風が主流となっており、その主要会員は文展開設後審査員となった者が多い。また1904年には洋画研究所を設立、坂本繁二郎(はんじろう)、中村彝(つね)など多くの俊英を輩出した。第二次世界大戦後は、47年(昭和22)に石川らが離脱して示現会(しげんかい)を創立、また54年に光陽会の派生をみるなど分裂をきたしたが、57年には太平洋美術会と改称。絵画、彫刻、版画のほかに染織部をも設け、毎年6月に公募展を行っている。[佐伯英里子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太平洋画会の言及

【中村不折】より

…また留学中にロダンと接触をもった最も早い時期の日本人のひとりでもある。帰国後は黒田清輝の白馬会系に対立した太平洋画会系の中心的な画家として活躍。同会研究所で指導し,そこから中村彝(つね),万鉄五郎らの優れた画家が育った。…

【明治・大正時代美術】より

…これらの中では,《天平の面影》(1902)や《蝶》(1904)を描いた藤島武二と,彼の影響を受けて《海の幸》(1904)や《わだつみのいろこの宮》(1907)のように詩情豊かな浪漫的な作風をうち出した青木繁が傑出している。 明治美術会にも,欧米に学んだ中村不折,満谷(みつたに)国四郎(1874‐1936),吉田博(1876‐1950),鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)(1874‐1941),中川八郎(1877‐1922),河合新蔵(1867‐1936),丸山晩霞(1867‐1942),大下藤次郎などが現れて,1901年太平洋画会を興し,白馬会に対抗した。しかし07年文部省美術展覧会(文展)が設立されると,黒田のアカデミックな写実に印象派の色彩を加えた明るい外光主義の画風,すなわち美術学校と白馬会の画風が,日本のアカデミズムとして洋画界を支配するようになっていった。…

※「太平洋画会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太平洋画会の関連情報