コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治美術会 めいじびじゅつかい

6件 の用語解説(明治美術会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治美術会
めいじびじゅつかい

日本最初の洋画団体。 1889年浅井忠小山正太郎原田直次郎,松岡寿,山本芳翠長沼守敬らが組織。さらに黒田清輝久米桂一郎らの新帰朝者も参加,毎年展覧会を開き多くの名作を発表し,中村不折岡田三郎助和田英作らを輩出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めいじ‐びじゅつかい〔メイヂビジュツクワイ〕【明治美術会】

日本最初の洋風美術団体。明治22年(1889)浅井忠小山正太郎らを中心に創立。白馬会の設立・隆盛に伴い、旧派・脂(やに)派とよばれて衰退し、同34年解散。太平洋画会は、その後身。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

明治美術会【めいじびじゅつかい】

明治時代の美術団体。当時の国粋主義的風潮に抗して,浅井忠松岡寿などの洋画家と彫刻家長沼守敬らが東大総長渡辺洪基を会頭として1889年結成。展覧会を開くほか,講演会,討論会を催して洋風美術の啓蒙に努めた。
→関連項目川村清雄小山正太郎原田直次郎藤島武二山本芳翠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいじびじゅつかい【明治美術会】

明治期の洋風美術団体。明治10年代には維新以来の急進的な欧化政策に対する反省,反動の気運が高まり,日本の伝統的美術の復興を旗じるしに,洋画排斥の世論が強まっていった。こうした国粋主義の運動に抗し団結を図ることを目的に,1889年浅井忠,小山正太郎,松岡寿,高橋源吉本多錦吉郎,長沼守敬らが発起し,山本芳翠,川村清雄曾山幸彦,原田直次郎,五姓田義松らが加わって結成された。会頭に帝国大学総長渡辺洪基が就任し,また後援者として行政家や知識人ら多数が名を連ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいじびじゅつかい【明治美術会】

明治期の日本最初の洋風美術団体。1889年(明治22)浅井忠・小山正太郎・長沼守敬らが創立。洋画の啓蒙・普及に貢献したが、のち、黒田清輝せいきらが白馬会を興したため旧派と称された。1901年解散、若手を中心に翌年太平洋画会が結成された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治美術会
めいじびじゅつかい

絵画を中心とした日本初の洋風美術団体。1889年(明治22)浅井忠(ちゅう)、川村清雄(きよお)、五姓田義松(ごせだよしまつ)、小山(こやま)正太郎、本多錦吉郎(きんきちろう)らを中心に、新帰朝の原田直次郎、松岡寿(ひさし)、山本芳翠(ほうすい)らを加えて結成、同年10月展覧会を開催した。創立の目的は、当時熾烈(しれつ)化した国粋主義による洋風美術排撃運動に対抗し、広く洋風美術の発展普及を促そうとするもので、絵画のほかに彫刻の長沼守敬(もりよし)なども加わり、後進の育成や講演会活動にも積極的に取り組んだ。会の傾向は、暗褐色のいわゆる脂(やに)色調を特色とする油絵が主流であったため、「脂派(やには)」と呼称された。しかし、明治20年代後半になると、同会を脱退した黒田清輝(せいき)の率いる白馬(はくば)会が急速に台頭し、紫(むらさき)派・新派とよばれたのに対し、旧派とよばれるようになってしだいに主導力を失い、1901年(明治34)には解散、同系の若手作家は新たに太平洋画会を結成していった。[佐伯英里子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の明治美術会の言及

【印象主義】より

…特に,明るい色彩の使用と光に対する強い関心は,アカデミズムを通しての折衷的印象主義ではあったが,日本では清新なものとして受け取られた。フランスの印象派の作品が紹介されたのは,93年の明治美術会展で,日本美術のフランスへの紹介者でまた西洋美術のコレクターであった林忠正(1853‐1906)のコレクションのなかにブーダン,シスレーなどの作品があった。しかし,それらはあまり大きな反響を呼ばず,むしろ黒田たちの折衷主義の方が迎えられたのである。…

【白馬会】より

…1896年黒田清輝,久米桂一郎を中心とする外光派の画家たちによって結成された。はじめ黒田らも明治美術会に参加していたが,芸術家の自由を標榜し感覚の解放を求める外光派の人たちにとって会の古い体質は耐えがたく,退会して新たな団体をつくることになったものである。黒田,久米のほか岩村透,山本芳翠,藤島武二,岡田三郎助,和田英作,小代(しようだい)為重,小林万吾,長原孝太郎,彫刻の菊地鋳太郎,佐野昭(あきら),版画の合田清らが加わった。…

【明治・大正時代美術】より

…また結城素明(1875‐1957),平福百穂,島崎柳塢(りゆうう)(1856‐1938)らは東京で无声会(むせいかい)を結成し(1900),西洋画の写生を研究して自然主義的な新しい日本画をもたらすことになる。
[明治美術会と白馬会]
 明治10年代の後半,洋画家たちは一時息をひそめたが,この間にヨーロッパに渡った山本芳翠(フランス),原田直次郎(ドイツ),松岡寿(イタリア)らが帰国し,洋画界の新しい活動力となる。彼らは1889年浅井忠,小山正太郎,本多錦吉郎(きんきちろう)(1850‐1921。…

※「明治美術会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明治美術会の関連キーワード高畠達四郎太平洋画会白馬会洋画学術団体竜池会安達喜幸浦崎永錫小倉柳村油井夫山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治美術会の関連情報