石川 きぬ子(読み)イシカワ キヌコ

20世紀日本人名事典「石川 きぬ子」の解説

石川 きぬ子
イシカワ キヌコ

昭和期の歌人 西興部村議。



生年
大正4(1915)年3月11日

没年
昭和42(1967)年4月21日

出生地
北海道釧路市

本名
熊谷 きぬ子

経歴
看護婦や店員・保険外交員と職を転々とする傍ら短歌を作る。昭和20年より池田勝亮主宰の「飛鳥」で作品を発表し、21年には短歌雑誌「あさひね」の創刊参画。27年に創刊された歌誌「かぎろい」でも活躍した。34年北海道紋別郡の西興部村村会議員に当選。37年から病気のため療養生活にはいるが、創作力は衰えず、39年に「かぎろい」創刊十周年を記念して作られた第一回青玄賞を受賞した。歌集に「綾」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「石川 きぬ子」の解説

石川 きぬ子 (いしかわ きぬこ)

生年月日:1915年3月11日
昭和時代の歌人
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android