石川 千代松(読み)イシカワ チヨマツ

20世紀日本人名事典の解説

石川 千代松
イシカワ チヨマツ

明治〜昭和期の生物学者 東京帝国大学名誉教授。



生年
安政7年1月8日(1860年)

没年
昭和10(1935)年1月17日

出生地
江戸・本所亀沢(東京都墨田区)

学歴〔年〕
東京大学理学部生物学科〔明治15年〕卒

学位〔年〕
Ph.D.(フライブルク大学),理学博士〔明治34年〕

経歴
明治15年東大御用掛凖助教、16年助教授、18年ドイツ留学、ワイズマンに師事。フライブルク大学でPh.Dを取得。23年帰国、帝大農科大学教授となり、大正13年定年退官、名誉教授。この間東京帝室博物館長兼任、明治44年帝国学士院会員。39年以降豪州、欧米各国に差遣、大正15年ハワイ、カリフォルニアを巡遊、大正15年〜昭和2年ロックフェラー財団の招待により米国各地を巡歴した。東大でモース教授の影響を受け、受精現象の細胞学的研究、琵琶湖産小アユの陸封型立証、人工養殖など応用面にも活躍した。著書に「動物進化論」「進化新論」「動物学講義」「人間」など。「石川千代松全集」(全10巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石川 千代松 (いしかわ ちよまつ)

生年月日:1860年1月8日
明治時代-昭和時代の動物学者;生物学者。理学博士;帝大農科大学教授
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川 千代松の関連情報