コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石打ち イシウチ

デジタル大辞泉の解説

いし‐うち【石打ち】

小石を投げ合う遊戯。石投げ。石合戦。 夏》
婚礼の夜、友人・知人などがその家の中に小石を投げ込む習俗。石の祝い。
「祝言の夜の―は、打ち固めるとてめでたけれども」〈浄・井筒業平〉
石打ちの羽」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしうち【石打ち】

小石を投げ合うこと。石合戦。
婚礼のある家や行列に向かって、若者仲間などが小石を投げる風習。 「祝言の夜の-/浄瑠璃・井筒業平」
「石打ちの羽」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石打ちの関連キーワードコスマスとダミアヌスイスラム教と売春イエス・キリスト石打ちの征矢ファルマコス聖ステパノ門パラメデス飄石・飃石アイアス祝儀の石ステパノ石合戦ヘカベ石投げ浄瑠璃習俗遊戯年占婚礼祝言

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石打ちの関連情報