石松子(読み)セキショウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ヒカゲノカズラの胞子。うすい黄色の粉末で、湿気を防ぐため、丸薬や火薬の衣や白粉の粉、皮膚病薬などの原料に用いる。また、ヒカゲノカズラ科の本種に類似した種類を代用することも多い。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石松子の言及

【ヒカゲノカズラ】より

…北海道から九州にみられ,北半球の温帯,暖帯に広く分布する。胞子を石松子(せきしようし)といい,薬用として散布剤,丸衣(がんい)などに利用する。 ヒカゲノカズラの仲間は特徴が単純なため,分類がきわめてむずかしい。…

※「石松子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android