コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日陰の蔓/日陰の鬘 ヒカゲノカズラ

1件 の用語解説(日陰の蔓/日陰の鬘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかげ‐の‐かずら〔‐かづら〕【日陰の×蔓/日陰の×鬘】

ヒカゲノカズラ科の常緑多年生の蔓性(つるせい)のシダ。山野に生え、茎は地をはい、針状の葉がうろこ状につく。茎から細い枝が直立し、長さ約5センチの黄色い胞子嚢(ほうしのう)の穂をつける。胞子を石松子(せきしょうし)といい、薬用などにする。きつねのたすき。かみだすき。てんぐのたすき。
新嘗祭(しんじょうさい)大嘗祭(だいじょうさい)などの神事に、冠の巾子(こじ)の根もとに1をつけたもの。のちには青糸や白糸を組んで作ったものも用いるようになった。かずらがけ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone