コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日陰の蔓/日陰の鬘 ヒカゲノカズラ

デジタル大辞泉の解説

ひかげ‐の‐かずら〔‐かづら〕【日陰の×蔓/日陰の×鬘】

ヒカゲノカズラ科の常緑多年生の蔓性(つるせい)のシダ。山野に生え、茎は地をはい、針状の葉がうろこ状につく。茎から細い枝が直立し、長さ約5センチの黄色い胞子嚢(ほうしのう)の穂をつける。胞子を石松子(せきしょうし)といい、薬用などにする。きつねのたすき。かみだすき。てんぐのたすき。
新嘗祭(しんじょうさい)大嘗祭(だいじょうさい)などの神事に、冠の巾子(こじ)の根もとに1をつけたもの。のちには青糸や白糸を組んで作ったものも用いるようになった。かずらがけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日陰の蔓/日陰の鬘の関連キーワードヒカゲノカズラ科日陰の糸心の色石松子新嘗祭大嘗祭日陰巾子蔓性針状