丸薬(読み)ガンヤク

世界大百科事典 第2版の解説

がんやく【丸薬】

球状に製した医品をいい,古くから家庭薬の一部に使われてきた。苦味,不快臭のある散剤を服用しやすくするため,または携帯の便利さを目的として作られた剤形(薬の形)である。調製法は,主薬賦形剤,結合剤などその他添加剤を加えて薬塊とし,これを展延板上で切丸器の溝の幅に適合する長さに展延し切丸する。これを少量の丸衣を散布した成丸器で軽くころがして成丸する。多量には製丸機で製する。現在はほとんど使用されない剤形であるが,錠剤,カプセル剤の普及するまで重用されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がんやく【丸薬】

練り合わせて、小さくまるめた薬。粉薬・水薬などに対していう。丸剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸薬の関連情報