コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石狩層群 いしかりそうぐんIshikari group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石狩層群
いしかりそうぐん
Ishikari group

北海道石狩炭田古第三系の下半部で,夾炭層(きょうたんそう。→炭層)の主要部。南の夕張炭田では厚さ 800m,北の空知炭田では 2400m。陸成層海成層からなり,海成層の貝化石群は石狩動物群と呼ばれ,亜熱帯から温帯性の気候変化を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の石狩層群の言及

【石狩炭田】より

…北海道のほぼ中央部に位置し,北は空知川流域から南は穂別川流域まで,南北約85km,東西最大約30kmの広大な地域を占める炭田。中生代の白亜系を基盤とし,古第三系,新第三系,第四系からなり,古第三系は石狩層群と幌内層群からなる。石狩層群(始新世~漸新世)は石狩炭田の含炭古第三系の総称で,下位から,登川,幌加別,夕張,若鍋,美唄,赤平,幾春別,平岸,芦別の9層に分けられている。…

※「石狩層群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石狩層群の関連キーワード南大夕張炭鉱芦別炭鉱釧路炭田夕張山地シダ砂岩幌内炭鉱夕張炭鉱幌内層

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android