石田 政弘(読み)イシダ マサヒロ

20世紀日本人名事典の解説

石田 政弘
イシダ マサヒロ

昭和・平成期の分子生物学者 京都大学名誉教授。



生年
昭和1(1926)年12月27日

没年
平成12(2000)年9月25日

出生地
京都府長岡京市

学歴〔年〕
京都大学理学部〔昭和26年〕卒,京都大学大学院特別研究生〔昭和37年〕修了

学位〔年〕
理学博士

経歴
昭和37年コロンビア大学動物学部微生物研究室高等研究員、39年京都大学原子炉実験所助教授、54年教授。退官後、フィリップス大学日本校総長、京都科学技術専門学校校長を歴任。細胞核にのみ存在するとされていたDNAが葉緑体にも存在することを突きとめ“葉緑体DNA”として発表し、光合成器官の分子生物学の基礎を築く。この発見にちなんだ国際学会賞“ミーシャー・石田賞”が、58年制定された。著書に「葉緑体の分子生物学」「微生物遺伝学」、共著に「生体機構の進化」他。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android