コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーシャー ミーシャーMiescher, Johann Friedrich

1件 の用語解説(ミーシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーシャー
Miescher, Johann Friedrich

[生]1844.8.13. バーゼル
[没]1895.8.26. ダボス
スイスの生化学者,生理学者。核酸の発見で著名。1869年,テュービンゲン大学のエルンスト・ホッペ=ザイラーのもとで研究中に,膿汁から集めた白血球よりリンと窒素を含む物質を取り出し,細胞核を構成する物質と考えて,これをヌクレインと命名。その後,1874年にヌクレインが蛋白質と酸に分けられることを明らかにし,後者を核酸と名づける(→デオキシリボ核酸)。スイスに戻りバーゼル大学教授になってのち,サケの精子にも核酸が含まれているのを発見した。さらに,血液中の炭酸ガス濃度が呼吸を調節していることを発見。1885年スイス初の生理学研究所を設立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミーシャーの関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係米中関係新聞小説探偵小説

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミーシャーの関連情報