コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーシャー Miescher, Johann Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーシャー
Miescher, Johann Friedrich

[生]1844.8.13. バーゼル
[没]1895.8.26. ダボス
スイスの生化学者,生理学者。核酸の発見で著名。1869年,テュービンゲン大学のエルンスト・ホッペ=ザイラーのもとで研究中に,膿汁から集めた白血球よりリンと窒素を含む物質を取り出し,細胞核を構成する物質と考えて,これをヌクレインと命名。その後,1874年にヌクレインが蛋白質と酸に分けられることを明らかにし,後者を核酸と名づける(→デオキシリボ核酸)。スイスに戻りバーゼル大学教授になってのち,サケの精子にも核酸が含まれているのを発見した。さらに,血液中の炭酸ガス濃度が呼吸を調節していることを発見。1885年スイス初の生理学研究所を設立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミーシャーの関連キーワード分子生物学プロタミン石田 政弘DNA

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミーシャーの関連情報