コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田熊治郎 いしだ くまじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田熊治郎 いしだ-くまじろう

1875-1960 明治-昭和時代の医学放射線技術者。
明治8年8月15日生まれ。仙台衛戌(えいじゅ)病院勤務などをへて,大正元年東北帝大磨工手兼レントゲン技術者となる。昭和6年X線透視につづいてX線撮影をおこなう際の時間短縮装置を創作。古賀良彦の間接X線撮影法の開発にも協力した。昭和35年2月22日死去。84歳。宮城県出身。旧姓は三浦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石田熊治郎の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android