コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石粟荘(読み)いしあわのしょう

百科事典マイペディアの解説

石粟荘【いしあわのしょう】

越中国礪波(となみ)郡の荘園。現富山県高岡市中田の南東部に比定される。757年7月の橘奈良麻呂の変で没収された奈良麻呂私有地が,同年12月の勅旨で奈良東大寺に施入されて成立。付近には伊加流伎(いかるぎ)荘・井山荘・杵名蛭(きなひる)荘など東大寺領初期荘園が集中する。753年の石粟村官施入田図(奈良国立博物館蔵)によると開田86町余,地内には礪波郡や射水(いみず)郡の神社の神田があった。767年の総面積は112町,うち開田97町余であったが,998年ころには荘田はことごとく荒廃した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android