コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英縁 せきえいえんquartz aureole

岩石学辞典の解説

石英縁

ある種の珪長斑岩状(felsophyric)な斑岩(porphyry)の石英結晶に用いられた語で,これらの結晶は中心の結晶とはほとんど同時消光するわずかに乱れた物質で取り囲まれている.この周辺部は基本的に石英でわずかに長石や微珪長岩(microfelsite)質のものが含まれ,これらがカオリン化した結果僅かな擾乱が起こったと考えられる[Hatch : 1888].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android