コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擾乱 ジョウラン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐らん〔ゼウ‐〕【×擾乱】

[名](スル)入り乱れて騒ぐこと。また、秩序をかき乱すこと。騒乱。
「三味線の音で…談話は―されてしまった」〈寅彦・路傍の草〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうらん【擾乱】

( 名 ) スル
乱れさわぐこと。乱すこと。騒乱。 「国内-して、干戈かんか止む時なからんには/慨世士伝 逍遥
〘物〙 定常状態からの乱れ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擾乱の関連キーワード恐竜擾乱(じょうらん)太陽活動期国際観測年ダインスの補償原理バイオターベイトデリンジャー現象ストームトラックケルヴィン波山内首藤通広大気安定度後村上天皇MONEX二階堂時綱赤祖父俊一デバイ半径大気の擾乱斯波氏経上杉顕能桃井直常定常状態正平一統

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擾乱の関連情報