コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑岩 はんがんporphyry

翻訳|porphyry

5件 の用語解説(斑岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑岩
はんがん
porphyry

石基が小さい結晶で埋められた斑状組織火成岩。普通酸性の火成岩をさし,石英斑岩花崗斑岩など鉱物名か岩石名を前に付して呼ぶ。本来変質ひん岩に対して名づけたものであるから,酸性ないし中性の半深成岩の総称と考えればよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐がん【斑岩】

多量の斑晶をもつ斑状組織火成岩。一般に、アルカリ長石の斑晶をもつ花崗岩(かこうがん)質の組成の半深成岩をさし、花崗斑岩とよぶ。石英の斑晶に富むものは石英斑岩とよぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

斑岩

この名称は以前はporphyriteであった.ウェルナーは長石の斑晶をもつ岩石を斑岩(porphyr)と称したが[Werner : 1787],後にロスは石英を含まず,正長石の斑晶を含む岩石のみを斑岩と限定した[Roth : 1861].ローゼンブッシュは閃長岩に相当する火山岩とした[Rosenbusch : 1877].イディングスは斑状組織を持ち閃緑岩組成の半深成岩とした[Iddings : 1891].現在ではアルカリ長石の斑晶を含む岩石に使用されている.しかし米国地質調査所ではこの語を斑晶の種類を考えずに,花崗斑岩(granite-porphyry)のように岩石名を前に付けて,岩石の組織を表す場合にのみ使用するとした[U.S.G.S. : 1897].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑岩
はんがん
porphyry

ポーフィリーともいう。広い意味では化学組成にかかわりなく、小さい結晶(ときにはガラスを含む)の集合体である石基と多数の斑晶からなる火成岩をいう。斑晶は石英、長石、雲母(うんも)など。石基がガラスを含まなければ造岩鉱物の類似した深成岩の岩石名を前につけて花崗(かこう)斑岩(花崗岩ポーフィリー)、閃長(せんちょう)斑岩(閃長岩ポーフィリー)、石英閃緑斑岩(石英閃緑岩ポーフィリー)などといい、ガラスを含むなら火山岩の岩石名を前につけて安山岩ポーフィリー、デイサイトポーフィリーなどという。また斑晶の鉱物の名を前につけて石英斑岩といった使い方もする。狭い意味ではカリ長石の斑晶を含む斑状組織の火成岩をさす。広義の斑岩は岩脈や岩床などの貫入岩、あるいは火山岩として産出する。アメリカ西部では鉱床を伴う岩脈や岩床の岩石をさしてこの語を用いる。[千葉とき子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斑岩の関連情報