コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑岩 はんがんporphyry

翻訳|porphyry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑岩
はんがん
porphyry

石基が小さい結晶で埋められた斑状組織火成岩。普通酸性の火成岩をさし,石英斑岩花崗斑岩など鉱物名か岩石名を前に付して呼ぶ。本来変質ひん岩に対して名づけたものであるから,酸性ないし中性の半深成岩の総称と考えればよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

斑岩

この名称は以前はporphyriteであった.ウェルナーは長石の斑晶をもつ岩石を斑岩(porphyr)と称したが[Werner : 1787],後にロスは石英を含まず,正長石の斑晶を含む岩石のみを斑岩と限定した[Roth : 1861].ローゼンブッシュは閃長岩に相当する火山岩とした[Rosenbusch : 1877].イディングスは斑状組織を持ち閃緑岩組成の半深成岩とした[Iddings : 1891].現在ではアルカリ長石の斑晶を含む岩石に使用されている.しかし米国地質調査所ではこの語を斑晶の種類を考えずに,花崗斑岩(granite-porphyry)のように岩石名を前に付けて,岩石の組織を表す場合にのみ使用するとした[U.S.G.S. : 1897].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はんがん【斑岩】

完晶質で細粒の石基中に多くの斑晶を含む斑状の火成岩。石英斑岩・花崗かこう斑岩など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑岩
はんがん
porphyry

ポーフィリーともいう。広い意味では化学組成にかかわりなく、小さい結晶(ときにはガラスを含む)の集合体である石基と多数の斑晶からなる火成岩をいう。斑晶は石英、長石、雲母(うんも)など。石基がガラスを含まなければ造岩鉱物の類似した深成岩の岩石名を前につけて花崗(かこう)斑岩(花崗岩ポーフィリー)、閃長(せんちょう)斑岩(閃長岩ポーフィリー)、石英閃緑斑岩(石英閃緑岩ポーフィリー)などといい、ガラスを含むなら火山岩の岩石名を前につけて安山岩ポーフィリー、デイサイトポーフィリーなどという。また斑晶の鉱物の名を前につけて石英斑岩といった使い方もする。狭い意味ではカリ長石の斑晶を含む斑状組織の火成岩をさす。広義の斑岩は岩脈や岩床などの貫入岩、あるいは火山岩として産出する。アメリカ西部では鉱床を伴う岩脈や岩床の岩石をさしてこの語を用いる。[千葉とき子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斑岩の関連キーワードグラノフェルスファイアオルソアルビトファイアカリアラスカイト斑岩エル・テニエンテ銅山スヴァルトヴィカイトアグラウライト斑岩フェルスパテイックホルンストーン斑岩グラニュロファイアヴィトロパティックリューサイト斑岩微球顆石英粗面岩フェルソ花崗斑岩花コウ(崗)斑岩ランプロファイアグラニトファイアギーセカイト斑岩フェルソ玻璃斑岩微花崗岩質組織斑状変成凝灰岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android