石龕(読み)セキガン

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐がん【石龕】

〘名〙 石の塔。五輪塔・多宝塔の類。また、岩の崖などを掘って造った岩室。
※今昔(1120頃か)一一「然るに、石龕の内に籠て行ふ間に、忽(たちまち)に金の人現て云く」 〔戴叔倫‐遊少陵寺詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android