コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩室 いわむろ

4件 の用語解説(岩室の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩室
いわむろ

新潟県中部,新潟市南西部の旧村域。弥彦山東麓にあり,日本海に面する。 1889年村制施行。 1901年石瀬村,船越村と,1955年間瀬村と,1960年和納村とそれぞれ合体。 2005年新潟市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩室
いわむろ

新潟県中西部、西蒲原(にしかんばら)郡にあった旧村名(岩室村(むら))。現在は、新潟(にいがた)市の南西部(西蒲(にしかん)区の一部)にあたる。2005年(平成17)岩室村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、西川(にしかわ)町、亀田(かめだ)町、味方(あじかた)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。旧村域は日本海に臨み、JR越後(えちご)線が通じ、国道116号、402号(越後七浦シーサイドライン)、460号、弥彦(やひこ)山スカイラインも走る。弥彦山麓(さんろく)にあり、古くは越後一宮(いちのみや)の弥彦参道の宿場・温泉街として栄え(岩室温泉)、有名な岩室甚句(じんく)はそのころ参詣(さんけい)客に歌われた民謡であった。いまも新潟の奥座敷といわれる歓楽郷で、弥彦観光客の利用が多い。間瀬(まぜ)は日本海に面する古くからの漁村であったが、第二次世界大戦後、シーサイドラインの開通で、磯(いそ)釣り観光客や海水浴客でにぎわっている。[山崎久雄]
『『岩室村史』(1974・岩室村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩室の関連情報