コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖キビ列車 さとうキビれっしゃ

1件 の用語解説(砂糖キビ列車の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

さとうキビれっしゃ【砂糖キビ列車】

アメリカのハワイ州マウイ島西部を走る観光列車ラハイナ、カアナパリ、その北にあるプウコリイの3駅を結び、全長10kmをゆったりと走っている。1950年代まで砂糖キビの運搬や労働者の通勤に使われていた蒸気機関車で、1日4往復運転されている。車窓には、マウイ西部の美しい景色や海が広がり、車内では、ガイドがマウイの歴史や名所の解説をし、ウクレレと歌のサービスなどもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂糖キビ列車の関連キーワードハワイ諸島マウイ島マウナケアコナマラソンマウイ・オーシャンフロントマラソンマウイマラソンハワイ[島]マウイ[島]ハワイ[諸島]マウナ・ケア[山]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone