コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砥の粉色 とのこいろ

色名がわかる辞典の解説

とのこいろ【砥の粉色】

色名の一つ。砥石を切り出すときに出る粉末を砥の粉といい、その砥の粉の色に似たごく薄い茶色白茶しらちゃに近い。砥の粉を使って柱を磨いたり、木目の目止めにした。演劇役者の化粧にも用いられたという。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とのこ‐いろ【×砥の粉色】

砥の粉の色。薄い黄土色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone