コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸第一鉄アンモニウム りゅうさんだいいちてつアンモニウムferrous ammonium sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸第一鉄アンモニウム
りゅうさんだいいちてつアンモニウム
ferrous ammonium sulfate

モール塩ともいう。正式には硫酸鉄 (II) アンモニウムの6水和物 Fe(NH4)2(SO4)2・6H2O である。淡緑色の単斜晶系結晶,比重 1.86,水に溶ける。固体,水溶液ともに空気中に放置しても酸化によって鉄 (III) 塩とはならないので,鉄 (II) 塩の標準溶液となる。これを硝酸などで酸化すると鉄ミョウバン,すなわち硫酸鉄 (III) アンモニウムの 12水和物 Fe(NH4)(SO4)2・12H2O が得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android