コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸鉄 りゅうさんてつ iron sulfate

6件 の用語解説(硫酸鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸鉄
りゅうさんてつ
iron sulfate

(1) 硫酸鉄 (II) ,硫酸第一鉄  FeSO4リョクバンともいう。鉄屑に硫酸を作用させ,ろ過して結晶槽に入れ,晶出させて得られる。通常得られる7水塩は青緑色結晶 (単斜晶系) 。水に可溶,アルコールに不溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうさん‐てつ〔リウサン‐〕【硫酸鉄】

鉄の硫酸塩
硫酸鉄(Ⅱ)。鉄を希硫酸に溶かして作る。七水和物緑礬(りょくばん)ともいい、緑色の結晶。黒インク・顔料などに利用。化学式FeSO4
硫酸鉄(Ⅲ)。鉄を濃硫酸に溶かすか、硫酸鉄(Ⅱ)の水溶液を酸化・濃縮して得られる白色の粉末。媒染剤・顔料などに利用。化学式Fe2(SO43

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硫酸鉄【りゅうさんてつ】

(1)硫酸鉄(II)FeSO4 無水物は比重3.346。7水和物は比重1.895で青緑色の結晶。緑礬(りょくばん)とも。水に可溶。空気中で徐々に酸化され表面に黄褐色の塩基性硫酸鉄(III)Fe(OH)SO4を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんてつ【硫酸鉄 iron sulfate】

酸化鉄の硫酸塩で,鉄の酸化数IIおよびIIIと,両方の酸化数の鉄を含む化合物が知られている。
[硫酸鉄(II)]
 化学式FeSO4。無水和物および1,4,5,7水和物が得られている。7水和物は鉄(II)塩中最も重要な化合物で,緑礬(りよくばん∥ろうは)と呼ばれ,すでに13世紀にマグヌスA.Magnusによって記載されている。無水和物は水和物を水素気流中で300℃に加熱すると得られる。淡緑色結晶。斜方晶系

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうさんてつ【硫酸鉄】

硫酸鉄(Ⅱ)。鉄を希硫酸に溶かすか、湿らせた黄鉄鉱を放置して自然酸化して得られる淡緑色結晶。化学式 FeSO4 普通、青緑色の七水和物として存在し、天然には緑礬りよくばんとして産出。空気中で徐々に風化・酸化されて黄褐色の水酸化硫酸鉄(Ⅲ)Fe(OH)(SO4)を生じる。媒染剤・還元剤・防腐剤として用いるほか、青色顔料(紺青)・インクの原料に用いる。
硫酸鉄(Ⅲ)。無水硫酸鉄(Ⅱ)を濃硫酸中で加熱して得る白色粉末。化学式 Fe2(SO43 室温で水溶液からは淡紫色の九水和物が析出。媒染剤・顔料に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸鉄
りゅうさんてつ
iron sulfate

鉄の硫酸塩。次の3種類のものが知られている。
(1)硫酸鉄() 無水和物FeSO4、式量151.92(硫酸第一鉄ともいう)のほか一、四、五、七水和物がある。このうち一、五、七水和物は天然にも存在する。七水和物は緑礬(りょくばん)melanteriteともよばれ、もっとも重要なものである。鉄を希硫酸に溶解するか、水で湿らせた黄鉄鉱FeS2を空気酸化することによって得られる水溶液を、56℃以下で結晶化すると七水和物が得られる。56℃以上では四水和物が、64℃以上では一水和物が晶出する。この水溶液を過剰の硫酸とともに真空中で蒸発濃縮すれば五水和物が得られる。無水和物は淡緑色の結晶で、湿った空気中に放置すると七水和物となる。無水和物は20℃の水100グラムに26.6グラム溶ける。七水和物は緑色の結晶で、空気中に放置すると酸化されて赤褐色の塩基性硫酸鉄()に変わる。水溶液は緑色で、きわめてゆっくりと酸化されるが、アルカリ性溶液、エタノール(エチルアルコール)溶液中では加速される。一酸化窒素と不安定な褐色の化合物をつくるので硝酸イオンや亜硝酸イオンの検出に利用される。べんがら、黒色インキ、顔料(プルシアンブルー、鉄黒(てつぐろ))の製造、還元剤、媒染剤、防腐剤などに用いられる。
(2)硫酸鉄() 無水和物Fe2(SO4)3、式量399.9(硫酸第二鉄ともいう)のほか三、六、七、7.5、九、十、12水和物がある。このうちあとの5種は天然にも存在する。硫酸鉄()の水溶液を酸化し、蒸発濃縮すると、水和物の結晶が得られるが、結晶化の条件によって結晶水の数が異なってくる。水和物を注意して加熱、脱水すると無水和物が得られる。無水和物は白色ないし淡黄色の粉末。潮解性。加熱により約480℃で分解し酸化鉄となる。水にわずかに溶けるが、加水分解の結果溶液は褐色を呈し、温めるとただちに塩基性硫酸鉄()または酸化水酸化鉄()の赤褐色沈殿を生ずる。鉄ミョウバンおよびプルシアンブルーの製造に用いられるほか、媒染剤、医薬としての用途もある。
(3)硫酸鉄()鉄() 化学式FeFe2(SO4)4、式量551.81(硫酸第二鉄第一鉄ともいう)。天然に各種の水和物として存在する。硫酸鉄()と酸性硫酸鉄()の混合物を空気にさらすと得られる。赤褐色の粉末。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸鉄の関連キーワード伊豆山温泉ゴム状硫黄チェリー隆・柳・流・溜・留・硫・立・竜・粒・隆・龍硫酸塩還元細菌ソルファタラ鉛室硫酸昇華硫黄塔式硫酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸鉄の関連情報