コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硯滴 ケンテキ

デジタル大辞泉の解説

けん‐てき【×硯滴】

硯(すずり)に垂らす、水のしずく。硯の水。
水入れ。みずさし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんてき【硯滴】

すずりに水を注ぐ水さし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の硯滴の言及

【水滴】より

…墨をするために水を蓄え,また硯に注ぐ容器。形態や大小によって,硯滴(けんてき),水注,水盅(すいちゆう),水中丞(すいちゆうじよう),水盂(すいう),蟾蜍(せんじよ)などとも称し,日本では古くは須美須里賀米(すみすりがめ)(《和名抄》),硯瓶(すずりがめ)(《栄華物語》)などともいった。狭義の水滴は,2ヵ所の小孔(風穴と水穴)をあけ,少量のしずくを落とすくふうがなされたものをいう。…

※「硯滴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硯滴の関連キーワード剔・摘・擲・敵・滌・滴・狄・的・笛・荻・適丸山 幹治丸山幹治コラムしずく水滴

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android