コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水滴 スイテキ

デジタル大辞泉の解説

すい‐てき【水滴】

しずく。水のしたたり。「水滴がしたたる」「水滴がつく」
硯(すずり)に使う水を入れておく容器。水注。水差し。
[補説]書名別項。→水滴

すいてき【水滴】[書名]

目取真俊短編小説。平成9年(1997)発表。同年、第117回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいてき【水滴】

墨をするために水を蓄え,また硯に注ぐ容器。形態や大小によって,硯滴(けんてき),水注,水盅(すいちゆう),水中丞(すいちゆうじよう),水盂(すいう),蟾蜍(せんじよ)などとも称し,日本では古くは須美須里賀米(すみすりがめ)(《和名抄》),硯瓶(すずりがめ)(《栄華物語》)などともいった。狭義の水滴は,2ヵ所の小孔(風穴と水穴)をあけ,少量のしずくを落とすくふうがなされたものをいう。水滴と一括して呼ぶもののうち,水注は注口把手をもった水指形を,水盂,水丞などは鉢形や壺形のものをいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいてき【水滴】

水のしずく。水のしたたり。
すずりにさす水を入れておく容器。水差し。水注。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水滴の関連キーワードウオーターマークウィルコックスリーキーバターGORETEXぴちょんくんスライムベス光触媒ガラスマッキー効果汽水分離器エアーガン稲田の御光波繁吹き湿球温度走り井餅エコまる相転換露打ちぽつん水蒸気水琴窟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水滴の関連情報