コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水滴 スイテキ

4件 の用語解説(水滴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐てき【水滴】

しずく。水のしたたり。「水滴がしたたる」「水滴がつく」
硯(すずり)に使う水を入れておく容器。水注。水差し。
[補説]書名別項。→水滴

すいてき【水滴】[書名]

目取真俊短編小説。平成9年(1997)発表。同年、第117回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいてき【水滴】

墨をするために水を蓄え,また硯に注ぐ容器。形態や大小によって,硯滴(けんてき),水注,水盅(すいちゆう),水中丞(すいちゆうじよう),水盂(すいう),蟾蜍(せんじよ)などとも称し,日本では古くは須美須里賀米(すみすりがめ)(《和名抄》),硯瓶(すずりがめ)(《栄華物語》)などともいった。狭義の水滴は,2ヵ所の小孔(風穴と水穴)をあけ,少量のしずくを落とすくふうがなされたものをいう。水滴と一括して呼ぶもののうち,水注は注口と把手をもった水指形を,水盂,水丞などは鉢形や壺形のものをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいてき【水滴】

水のしずく。水のしたたり。
すずりにさす水を入れておく容器。水差し。水注。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水滴の関連情報